寮無しの求人を選ぶメリット

寮は必ずしもメリットだけとは限らない

工場の求人を探すときに「寮付き」を条件に検索する人は多いのではないでしょうか。寮がある職場は、仕事を始めるにあたって家を探さなくてよいので、初期コストが安く、手間がかからないというメリットがあります。保証人がいなくても入れることも魅力です。くわえて、1人で生活をしないので、寮の生活は安心感があります。仕事の相談相手が近くにいるので、スキルを身につけるのにも最適です。体調を壊したときでも、誰かが周囲に人がいるので、孤独を感じなくて済みます。 しかし、言葉を返せば「決められた所にしか住めない」「会社を辞めたときには退去しなければならない」「1人でいる自由がなくなる」といったデメリットが見えてきます。むしろ、自由な生活を送りたいのであれば、寮無しの求人を選ぶ方が良いでしょう。

寮が無いことのメリット

では、寮が無い求人を選ぶメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まず「ストレスがかからない」ことです。寮は職場の人間関係を、プライベートな居住空間に持ち込んでしまう効果があります。そのため、寮生活は家に帰っても心が休まりません。また、寮無しなら「好きな物件に住む」ことができます。寮は会社近くなどの決められた物件に住まなければならないケースが多く、自由に物件選びができません。さらに、古い物件が多いのも問題です。居住空間にこだわる人なら寮無しの求人が良いでしょう。

近頃は生活スタイルの変化から、寮があまり好まれなくなってきました。それにともない、寮の代わりに住居手当を福利厚生として支給している工場も増えています。寮無し物件を探すときには、住居手当をよくチェックしておくことをおすすめします。

寮ありの求人情報の中にも、家具がどれだけ準備されているか、何人部屋なのかといった条件は実際に行ってみないと分からないことも多いです。